Culture インタビュー・対談

あの人が薦める音楽&映画リスト 【SIMON MILLER チェルシー・ハンスフォード篇】

 センスの良いあの人がセレクトする、音楽と映画。第2弾は、ロサンゼルス発のブランド「サイモン ミラー(SIMON MILLER)」クリエイティブディレクターのチェルシー・ハンスフォード(Chelsea Hansford)さん。インスピレーションを得た作品について教えてくれました。

— ADの後に記事が続きます —

 

チェルシー・ハンスフォードが選ぶ映画6選

 

Q. 今回セレクトした映画の魅力は?

「タランティーノ作品には大きな影響を受けました。キャラクター、プロダクションデザイン、衣装、グラフィック、世界観...…全てが私の仕事においてインスピレーションとなっています。『パルプ・フィクション』はそのなかでも特別。ユマ・サーマンは私にとってミューズの一人で、この映画でも素晴らしい演技をされています。シドニー・ポラック監督の映画『トッツィー』は、この世で最も面白い映画の一つだと個人的に思っています。人生において、笑うことはとっても大事なので今回セレクトしました!」


1. 「キル・ビル」(監督:クエンティン・タランティーノ)

 

2. 「パルプ・フィクション」(監督:クエンティン・タランティーノ)

 

3. 「トッツィー」(監督:シドニー・ポラック)

 

4. 「ミッドナイト・イン・パリ」(監督:ウディ・アレン)

 

5. 「ライフ・アクアティック」(監督:ウェス・アンダーソン)

 

6. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(監督:クエンティン・タランティーノ)

 

チェルシー・ハンスフォードが選ぶ音楽10選

 

Q. 今回セレクトした音楽の魅力は?

「『Me and Julio Down by the Schoolyard』(ポール・サイモン)は、毎日こんなムードで過ごしたいなって思う曲。ナンシー・シナトラの『Sugar Town』は、コンフィデントでインディペンデント(私の人生において最も重要な2つのこと!)な気持ちにさせてくれる曲ですね」

 

■About SIMON MILLER


ロサンゼルス発のブランド。日本の製造技術とアメリカの若いクラフツマンとのコラボレーションをブランドの基盤としている。雄大な自然とモダニズム建築が対照を成すアメリカ南西部の風景をインスピレーション源に、デニムをはじめとするウェア、レザーアクセサリー等を展開。5月末からデニムコレクションがリニューアル。全て岡山産で、価格はこれまでよりも手に取りやすい4万円以下で揃う。
公式サイト公式インスタグラム

■あの人が薦める音楽&映画リスト
L/UNIFORM ジャンヌ・シニョル篇
SIMON MILLER チェルシー・ハンスフォード篇

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング