「+J」2021年秋冬コレクション レビュー時の様子
「+J」2021年秋冬コレクション レビュー時の様子
Image by: FASHIONSNAP

Fashionユニクロ「+J」徹底レビュー

【ユニクロ「+J」徹底レビュー】21年秋冬はどれを買うべき?メンズ・ウィメンズまとめて振り返り

「+J」2021年秋冬コレクション レビュー時の様子 Image by FASHIONSNAP
「+J」2021年秋冬コレクション レビュー時の様子
Image by: FASHIONSNAP

 「ユニクロ(UNIQLO)」とファッションデザイナー ジル・サンダー(Jil Sander)氏のタッグによる「+J(プラスジェイ)」から、11月12日に発売される2021年秋冬コレクション。メンズ・ウィメンズ計29型のレビューを終えた編集者2人が、+Jが復活した2020年秋冬から2021年秋冬までの3シーズンを振り返りつつ、今後の展開についても勝手に予想していきます。

【ユニクロ「+J」徹底レビュー】2021年秋冬コレクション
メンズ アウター編
メンズ トップス編
メンズ ボトムス編
ウィメンズ アウター編
ウィメンズ トップス・ワンピース編
ウィメンズ ボトムス・小物編

— ADの後に記事が続きます —

編集A→普段は国内外のデザイナーズを担当する女性編集者。2009年3月のファーストリテイリングとジル・サンダーの契約発表を目の当たりにした。当時の会見を「懐かしい〜」と目を細める。

編集B→ユニクロをフリースブームの時から見続けている男性編集者。専門はもっぱらラグジュアリーとデザイナーズ。昨今のゆったりシルエットには正直食傷気味だが、「やっぱり買ってしまう」らしい。

カギは"脱 ジル・サンダー感"?

編集A:「+J」2021年秋冬コレクションのレビューはこれで終了です、お疲れさまでした!メンズウィメンズと見てきましたが、今シーズンはいがかでしたか?

編集B:2021年秋冬シーズンは、これまで以上にチャレンジングなデザインやディテール、カッティングが盛り込まれていた印象でした。ジルってこういったアイテムも作るんだっていう、新しい発見があったシーズンでしたね。

編集A:確かに。アウターで言えば、ジルがMA-1のようなミリタリーウェアを作るイメージがなかったので少し意外でした。昔から彼女のクリエイションを見ている人にとっては、ジル・サンダー感がないと捉える人もいるかもしれませんね。

ユニクロ +J ジル・サンダー

MA-1の詳細はこちら
【ユニクロ「+J」徹底レビュー】2021年秋冬コレクションの実力は?メンズ アウター編

編集B:良い意味でジル・サンダーっぽさは無かったと思います。個人的には、+Jって人気のディテールをレギュラー商品に反映することを視野に入れた実験的なプロジェクトだと思っていて。レギュラー商品に落とし込むにあたり、どのような商品がウケるのか、技術的に工場がどこまで耐えられるのか、そういったさまざまな要素を検証しているのかなと。今回の3シーズン目ではそれがより顕著に感じられるアイテムが多かった印象でした。

編集A:ジルのコレクションを昔から知っている私たちは、彼女のクリエイションに対して「ミニマルの極致」「真のラグジュアリーブランド」というイメージを求めてしまいがち。でもそれって、彼女が「ジル サンダー(JIL SANDER)」のクリエイティブディレクターを務めていた時のイメージなわけで。そういった意味でも、3シーズン目の今回は私たちのイメージを壊しにきた印象でした。

関連記事
ジル・サンダーが再び創業ブランドから去る(2013年掲載)

編集B:「ジル サンダー」といえば、彼女がクリエイティブディレクターを2000年に退任して以降、現在のルーシー・メイヤー(Lucie Meier)&ルーク・メイヤー(Luke Meier)夫妻が率いる体制になるまでの間、デザインチームをはじめ、ミラン・ヴィクミロヴィッチ(Milan Vukmirovic)、ラフ・シモンズ(Raf Simons)ロドルフォ・パリアルンガ(Rodolfo Paglialunga)などさまざな人物がクリエイティブディレクターとしてデザインを手掛けてきました。彼女が創業ブランドを再び離れたのが2013年だから、あれから8年の歳月が流れているのか....あっという間ですね。

関連記事
「ジル・サンダー」ラフも注目するデザイナー夫妻を起用(2017年掲載)

編集A:+J復活後のコレクションは、ユニクロのハイブリッドダウンをはじめ、ユニクロの技術を積極的に取り入れているのが印象的でしたね。

編集B:今は、ジルが当時自分のブランドで実現できなかったデザインや技術的な部分はだいぶ変わってきていて、「今のジル・サンダー氏だったらこうデザインするだろう」というアイテムがすなわち+Jなんですよね。だから「ジルのクリエイションはこうだよね」っていう昔のイメージを引きずって、+Jの良し悪しを判断するのは違う気もしますね。

編集A:彼女は、2014年春夏コレクションを最後にブランドから離れて以降は趣味のガーデニングや美術活動に取り組んでいたそうです。技術的な面だけではなく、インスピレーション源であったり、モノづくりへの向き合い方であったり、クリエイションに対する彼女自身のマインドにも、長い年月を経て変化があったんでしょうね。

ジルサンダー  プラスジェイ ユニクロ

関連記事
「+J」のジル・サンダー氏とは? ミニマルの女王の華麗なキャリア

編集A:昔のジルのコレクションが好きだった人にとっては、彼女の作るアイテムがこのプライスで買えるっていうのを期待してたはずだから、そこの食い違いをどう受け止めるかといった部分は、ユニクロにとっても新たな試みだったのではないでしょうか。

編集B:昔のジルのアイテムが欲しければ、極論ですが、二次流通で買えば良いじゃんってなるんですよ。とはいえ、二次流通市場では+Jのアイテムにプレミアがついてる状況を見かけることが度々あるので、世の中的には今の彼女が生み出すデザインも十分に受け入れられているんだろうなとは感じますね。

ユニクロ  ジル・サンダー

2020秋冬コレクションの反響
『今日の1番さん:ユニクロ「+J」編』 朝4時から並んだ3人組は何を買った?

ズバリ、一押しアイテムは?

ドライスウェットシャツ(長袖) セットアップ可能 Image by FASHIONSNAP
ドライスウェットシャツ(長袖) セットアップ可能 Image by FASHIONSNAP
ドライスウェットパンツ セットアップ可能 Image by FASHIONSNAP
ドライスウェットパンツ セットアップ可能 Image by FASHIONSNAP

編集A:2021年秋冬コレクションの全カテゴリをチェックして、一押しアイテムはどれですか?

編集B:個人的にはドライスウェットの上下ですね。あとは「メンズアウター編」でも言いましたが、「ウールオーバーサイズダッフルコート」はアウターではマスト買いじゃないですか。

編集A:スウェットのセレクトはちょっと意外でした。

編集B:スウェットって普段あまり着ないけど、意外に良かったんですよね。

ユニクロ ジル・サンダー +J

「+J」のスウェットの魅力をもっと詳しく
【ユニクロ「+J」徹底レビュー】2021年秋冬コレクションの実力は?メンズ トップス編

プリーツラップロングスカート(ダークグレー、7990円) Image by FASHIONSNAP
プリーツラップロングスカート(ダークグレー、7990円) Image by FASHIONSNAP
ウールブレンド ガウチョパンツ(ブラック、9990円) Image by FASHIONSNAP
ウールブレンド ガウチョパンツ(ブラック、9990円) Image by FASHIONSNAP

編集A:私が想定外に良かったなと感じたのは「ウールブレンド ガウチョパンツ」ですね。あとは「プリーツラップロングスカート」が今までのユニクロのスカートの中でも最上級でした。

編集B:ウィメンズのアウターは、やや着こなしが難しそうでしたね。

ユニクロ +J ジル・サンダー

関連記事
【ユニクロ「+J」徹底レビュー】2021年秋冬コレクションの実力は?ウィメンズ アウター編

編集A:ウィメンズの「ダウンショートコート」は良くも悪くもデザインがすごく凝っているので、試着してサイズ感とフォルムを確認してから買うのがベターだと思います。

編集B:実験的な位置付けのコレクションだからこそ、あえてエッジの効いたアイテムも作っているのかも。そう考えるのであれば、着る側もチャレンジする気持ちで着てもらった方が、より+Jのクリエイションを楽しめそうです。

今後の展開を勝手に予想!

編集A:ユニクロのプレスリリースによると、2021年秋冬コレクションについて「第2章の終幕」と表現していて、今回が最後のコレクションなのか明言されていないですよね。

編集B:ユニクロは、デザイナーとコラボレーションして良かった部分は自社のレギュラー商品にどんどん反映している。ジルとのコラボで求めていた要素が十分に集まったから、3シーズン目にして実験を一度終わりにしたのかもしれません。

編集A:+Jのアイテムの完成度を見ると、単なるブランド同士のコラボレーションとは一線を画すものを感じます。

編集B:互いのブランドの顧客層に向けて作るいわゆる「コラボ商品」とは違いますよね。ユニクロとジル・サンダーが確実に売れるものを本気で作るための共同プロジェクトという感じ。単に商品を製造するというよりは、定番商品の見直しや素材開発、売れ筋を探るといった検証を重ねている印象。細かいアップデートを繰り返して、"最強の定番商品"へと近付けていっているんでしょうね。

編集A:「第3章」の始動もあり得ると思いますか?

編集B:3シーズンにわたる+Jで得られた結果を、検証してレギュラー商品に落とし込んでいく作業はこれから始めていくんでしょう。3シーズン分のSKUって膨大だから、検証していくだけでも結構時間はかかりそう。一旦はそちらに力を入れるんじゃなかいかな。あくまで勝手な予想だけれど、コラボの再始動は数年後とか...?ユニクロにとってはジルはすごく相性の良いデザイナーだと思うので、いずれにせよ再始動の可能性はアリですね。まぁ、ジルの都合次第な部分もあるとは思いますが。

編集A:+Jが終わってしまうのは悲しいですが、今後のユニクロのレギュラー商品への期待が高まります。ユニクロは近年、さまざまなデザイナーとコラボアイテムを作っていますが、それらも最強の定番商品を完成させるための布石かもしれないですね。

ユニクロ ホワイトマウンテニアリング レビュー

話題を集めたコラボ
【着用レビュー】ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリングの全アイテムを徹底チェック

編集B:「Life Wear」の最終形態まで考えて、これだけのコラボプロジェクトを打ち出しているのであればかなり壮大な計画だなあ(笑)。個人的には、+Jのマチありのスクエアポケットって今回の+Jではアイコニックだったので今後のユニクロの全ての定番シャツにスクエアポケットが採用される可能性もあり得そう。

編集A:2021年秋冬コレクションの「ウールオーバーサイズダッフルコート」を見て思ったのは、サイドにスリットを入れるのは、オーセンティックなダッフルコートのデザインかと言われれば違うんですが、新しいスタンダードを作っていく可能性を秘めているなと。ユニクロという大きなフィルターを通じて「ダッフルコートといえば脇にスリットが入っているよね」みたいな時代を作っていく一つの試金石にはなりそうです。

編集B:ユニクロがカバーする服の領域って今は主に都市部ですが、今後はもっともっと広がっていくと思うんですよね。例えば、将来的にはユニクロが本格的なマウンテンパーカとかフィッシングウェアを開発したり。そうしたタイミングで、ユニクロが新たな検証を行うとなった時に、+Jでの実験は再開されるように思います。

ユニクロ UNIQLO サイト

2020年秋冬コレクション発売日の様子
ユニクロ「+J」発売で公式サイトがサーバーダウン、開店時間を前倒しする店舗も

編集A:+J復活後は、毎シーズンある意味お祭り感覚でしたね(笑)。多くの人がコレクションを楽しみにしていて、発売日当日は店頭に列ができたり、オンラインストアがアクセスしづらくなったり...。

編集B:あるかは分かりませんが、第3章の始動を楽しみにしています。3シーズンにわたる「徹底レビュー」お疲れさまでした!

関連記事
【コラム】ユニクロ「+J」復活でジル・サンダーに再び脚光 20年前に見た異才の素顔

■ユニクロ「+J」:特設ページ

【ユニクロ「+J」徹底レビュー】2021年秋冬コレクション
メンズ アウター編
メンズ トップス編
メンズ ボトムス編
ウィメンズ アウター編
ウィメンズ トップス・ワンピース編
ウィメンズ ボトムス・小物編

ユニクロ潜入一年 (文春文庫)
著: 横田 増生
メーカー: 文藝春秋
発売日: 2020/08/05
価格: ¥880(2021/11/08現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング