Blumarine、TOM FORD、ISABEL MARANT、Courrèges、VALENTINO
Blumarine、TOM FORD、ISABEL MARANT、Courrèges、VALENTINO

Fashionスタイル・トレンド

ミニスカートは好景気のサイン? 2021-22年秋冬トレンド03「マイクロミニ」

Blumarine、TOM FORD、ISABEL MARANT、Courrèges、VALENTINO
Blumarine、TOM FORD、ISABEL MARANT、Courrèges、VALENTINO

 コロナ時代に突入して2シーズン目となる2021-22年秋冬コレクション。ファッションデザイナーはパンデミック下で何を考え、どんなスタイルを提案したのか。3つ目に注目するトレンド、キーワードは「マイクロミニ」

Rick Owens、PRADA、TOM FORD、EMILIO PUCCI、GIVENCHY

2つ目のキーワードは?
よりタイトに、第二の肌「セカンドスキン」

— ADの後に記事が続きます —

ミニスカートは好景気のサイン?

 1960年代を彷彿とさせるミニ丈が台頭した今シーズン。ドレス、スカート、パンツなど、特に膝上30cm以上の"マイクロミニ"が目立った。ボディコンシャスでグラマラスなシルエットは華やかなパーティードレスを彷彿とさせ、またサイハイブーツを合わせて強さを強調するスタイルも。さらに、ローライズのスカートやホットパンツといった2000年代を象徴する「Y2Kスタイル」の代表格アイテムも登場している。

 "ミニスカートの流行は好景気のサイン"という俗説が知られているが、今シーズンのポジティブなムードをまとったミニスタイルは、コロナ時代の先に見る明るい展望の表れとも受け取れる。

・ミニマルなレトロフューチャー:クレージュ

 ミニスカートの代表格といえば、1960年代にブームを生み出した「クレージュ(Courrèges)」。クリエイティブディレクターに就任したニコラス・デ・フェリーチェ(Nicolas Di Felice)は、その当時に築かれたブランドのコードに着目し、新たな形で蘇らせた。ミニドレスやパンタロンといった、ミニマルなレトロフューチャールックを未来に引き継いでいる。

Courrèges Image by Courrèges
Courrèges Image by Courrèges
Courrèges Image by Courrèges
Courrèges Image by Courrèges

コレクションレポート
新ディレクターが読み解くフューチャリスティック&スポーティーの現在形:クレージュ 21年AW

・ロックなパワーウーマン:トム フォード

 グラマラスな魅力を引き出す「トム フォード(TOM FORD)」のコレクションでは、ロックテイストのマイクロミニを提案。ジャケットをドレスのように着たり、レザー調のホットパンツやタイトスカートなど、1980年代のパワーウーマンを連想させる。

TOM FORD
TOM FORD
TOM FORD
TOM FORD
・レトロなローライズ:サンローラン、ブルマリン

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」は、1960年代の着想からファーを装飾したツイードジャケットやスカート、またはメタリックカラーのアイテムを合わせてレトロなムード。「ブルマリン(Blumarine)」は「Y2K」のムードを取り入れ、バタフライモチーフやランジェリー風のトップスとローライズのボトムを鮮やかなカラーリングでスタイリングした。

SAINT LAURENT
SAINT LAURENT
Blumarine
Blumarine
「ランバン」2021年春夏キャンペーンに起用されたパリス・ヒルトン

「Y2K」とは?
2021年のファッションクイーンは「パリス・ヒルトン」に? 今改めて注目を集める理由

白と黒のシックなミニ:ヴァレンティノ

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のコレクションは白と黒の世界。重量感のあるケープにマイクロミニのボトムを合わせるなど、ボリュームのコントラストが際立った。

VALENTINO Image by VALENTINO
VALENTINO Image by VALENTINO
VALENTINO Image by VALENTINO
VALENTINO Image by VALENTINO
ヴァレンティノ 2021年秋冬コレクション

コレクションレポート
ピエールパオロが白黒の世界で考える「パンクなジェスチャー」:ヴァレンティノ 21年秋冬

様々な「マイクロミニ」スタイル

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング