Fashionフォーカス

【ウィメンズ編】伊勢丹新宿店、アデライデ、リステア、スーパーエー...高感度ショップで2020年売れたブランド&2021年注目のブランド

 2020年も様々なファッションブランドが話題を集めたが、実際に売れたブランドはどこだったのか?国内の高感度ショップの各担当者に、ウィメンズで2020年売れたブランドと2021年のファッションシーンで注目を集めそうな一押しブランドを調査。推薦コメントと共に紹介する。

昨年の結果はこちらから
【ウィメンズ編】伊勢丹新宿店、リステア、アデライデ...高感度ショップで2019年売れたブランド&2020年注目のブランドは?

メンズ編はこちら
伊勢丹新宿店、アデライデ、リステア、スーパーエー...高感度ショップで2020年売れたブランド&2021年注目のブランド

— ADの後に記事が続きます —

伊勢丹新宿店:本館3階=リ・スタイル

 伊勢丹新宿店本館3階にあるウィメンズの自主編集売り場「リ・スタイル」では、ラグジュアリーブランドから新進気鋭のブランドのアイテムまで幅広く展開。ポップアップイベントを多数開催し、高感度なファッショニスタたちから支持を集めている。2020年は約7年ぶりに売り場をリフレッシュオープン。新たなサービスを導入することでさらに顧客の要望に応えている。

■2020年売れたブランド:Mame Kurogouchi

「Mame Kurogouch」2021年春夏コレクションより Image by Mame Kurogouchi
「Mame Kurogouch」2021年春夏コレクションより Image by Mame Kurogouchi

 2010年にデビューし、今年で10周年を迎えた「マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)」。独自の世界観を広げ、刺繍やレースなど繊細なディティールを用いたアイテムがファンを集めており、2018年からはコレクション発表の場をパリに移している。2020年は「トッズ(TOD'S)」とコラボレーションし、ウィメンズウェアやアクセサリーで構成するコレクションを発売した。

<担当者コメント>

 通常コレクションはもちろん、別注コレクションも好調でした。2020年秋冬シーズンの目玉であったコード刺繍のシリーズは服、雑貨ともに問い合わせも多く即完売。また、ブランドの世界観を強く発信できるように、エクスクルーシブのヴィジュアルを撮影し、店頭のステージイベントやECサイト上での表現に力を入れました。

関連記事
デビュー10周年を迎えるマメ クロゴウチの「旅」は記憶の中へ、21年春夏は「窓」がテーマ

■2021年注目ブランド:CFCL

「CFCL」2021年春夏コレクションより Image by CFCL
「CFCL」2021年春夏コレクションより Image by CFCL

 2021年春夏シーズンにデビューするデザイナー高橋悠介の新ブランド「シーエフシーエル(CFCL)」。ニットにフォーカスし、コレクションの6割のアイテムを島精機製作所のホールガーメント技術で製作する。サステナブルなものづくりと共に、ニットの可能性を広げていくという。2021年2月頃から販売予定。

<担当者コメント>

 「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」の元デザイナー高橋悠介が手掛ける2021年春夏スタートのブランド。ブランドコンセプトやフィロソフィー、クリエイションはもちろん、サステナブルな商品へのこだわり、お客様へのアプローチ方法は、新たな時代やスタイルの中でとても共感でき、支持されると思います。

インタビュー
高橋悠介の新ブランド「CFCL」が投げかける現代。生活に投じるニットの可能性とは?

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング