Image by: FASHIONSNAP

Fashionエクスクルーシブ

【密着】BiSHも出演、「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」ショー当日の舞台裏

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 3月16日の19時、国立新美術館でファッションショーを開催する「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」。6月9日から国立新美術館で行われる大規模展「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」の関連イベントとして、「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」の山縣良和氏とのコラボショーが披露されます。FASHIONSNAPでは今回、デザイナーやモデルはもちろん、演出家や音響作家、ヘアメイクなど様々なクリエイターが一堂に会し、一つの作品を作り上げる過程に密着。ショー出演が決まった「ビッシュ(BiSH)」など、関係者が準備を進める舞台裏の様子を随時発信していきます。

丸龍文人、中村聖哉、山縣良和

関連記事
【鼎談】丸龍文人×山縣良和×中村聖哉、提示するファッションの多様性と画一性

— ADの後に記事が続きます —

ショー直前

3月16日 18:50〜

 バックステージは慌ただしくなってきました。モデルとして登場するBiSHのアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dも準備を進めます。

セントチヒロ・チッチ
セントチヒロ・チッチ
アイナ・ジ・エンド
アイナ・ジ・エンド
アイナ・ジ・エンドをスタイリングする丸龍文人氏
アイナ・ジ・エンドをスタイリングする丸龍文人氏
アユニ・D、リンリン
アユニ・D、リンリン
ハシヤスメ・アツコ
ハシヤスメ・アツコ
モモコグミカンパニー
モモコグミカンパニー

ショー本番

3月16日 19:10〜

 いよいよ本番。19時開始予定でしたが、10分ほど遅れてショーがスタートしました。会場には山縣良和氏による合掌造りのオブジェ5体と、堆肥を調合した土の上に置かれたウェアが入ったショーケースが配置されました。

関連記事
FUMITO GANRYU 2021AW COLLECTION

フィナーレ

3月16日 19:30〜

 ついにフィナーレ。バックステージにモデルたちが戻ってくると、スタッフから拍手が起きます。

 デザイナーの2人はすぐに囲み取材へ。そこには、セントチヒロ・チッチとリンリンが記者に扮して取材を敢行。彼女たちが持っているGoProは「BiSH eye」としてBASEのプラットフォームに配信されました。

 囲み取材の後は、そのままデジタルアフターパーティー「打ち上げ」として、BiSHのメンバーがステージへ。楽曲「GiANT KiLLERS」を歌い上げ、イベントは終了となりました。

次のページは>>モデルリハーサル  16:30〜

ぼくは0てん
著: 山縣良和
イラスト: 山縣良和
ブランド: 朝日出版社
メーカー: 朝日出版社
発売日: 2019/12/05
価格: ¥1,760(2021/03/11現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング