Uniqlo and Mame Kurogouchi
Uniqlo and Mame Kurogouchi
Image by: ユニクロ

Fashionフォーカス

ユニクロとのコラボが話題——今知っておきたい「マメ クロゴウチ」のこと

Update:

【最速試着レビュー】ユニクロ×マメ クロゴウチの全コラボアイテムを徹底チェック<インナー編>

【最速試着レビュー】ユニクロ×マメ クロゴウチの全コラボアイテムを徹底チェック<ウェア編>

【ニュース】発売前のユニクロ×マメ クロゴウチ、ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」で松たか子が着用

Uniqlo and Mame Kurogouchi Image by ユニクロ
Uniqlo and Mame Kurogouchi
Image by: ユニクロ

 「ユニクロ(UNIQLO)」から、黒河内真衣子が手掛ける「マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)」とのコラボレーションコレクション「Uniqlo and Mame Kurogouchi」が6月18日に発売されます。コラボの情報が発表されるとTwitterで「mame」がトレンド入りするなど、発売前から注目度が高まっています。マメ クロゴウチとはどのようなブランドなのか?アイテム購入前に知っておきたい、これまでのブランドの活動を振り返ります。

— ADの後に記事が続きます —

デザイナーは三宅デザイン事務所出身

 デザイナーの黒河内真衣子は1985年長野県出身。2005年に文化服装学院在学中にJEUNES CREATEURS DE MODE 2005 日本代表となりパリ本選にて各国最優秀賞を受賞し、2006年には三宅デザイン事務所に入社。A-POCの企画として様々なプロジェクトに携わったほか、イッセイミヤケのパリコレクションの企画やデザインを担当しました。その後、3年半働いた三宅デザイン事務所を離れ、25歳で独立。2010年に黒河内デザイン事務所を設立し、自身のブランド「マメ(mame)」を立ち上げました。2014年には毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞し、表彰式で初のランウェイショーを開催。2016年には「マメ(mame)」からデザイナー黒河内真衣子の名字を加えた「Mame Kurogouchi」にブランド名とロゴを変更しています。

【インタビュー】デビュー3年「mame」黒河内真衣子のルーツとデザイン

コレクションはパリで発表

 2014年9月にパリで初めて単独の展示会を実施。2017年に東京都がサポートする「FASHION PRIZE OF TOKYO」を受賞し、その支援のもと2018-19年秋冬コレクションからパリで2シーズンにわたりプレゼンテーション形式で発表しました。翌2019年秋冬コレクションは単独でプレゼンテーションを実施し、2020年春夏パリファッションウィークで公式スケジュール入り。パリで初のランウェイショーを開催し、その後もパリコレで新作を発表し続けています。

Mame Kurogouchi

好評の最新コレクション
「マメ クロゴウチ」が描く夜の窓 21AWコレクションを奥山由之による映像で発表

女性らしいカッティングと繊細なデザイン

 ストーリーや日記、黒河内が日本各地で感じたことなどをデザインに落とし込み、繊細な素材と女性らしいカッティングが特徴です。特にデコルテを美しく見せる曲線ラインがシグネチャーのひとつ。草花などをモチーフにした刺繍やレース、職人の手作業による装飾といった、丁寧な仕立てで長く大切に着られる服作りを追求しています。アイコンアイテムのひとつであるポリ塩化ビニール製のバッグのほか、エレガントなシューズやアクセサリーも展開しています。

ポリ塩化ビニール製のアイコンバッグ(2020年春夏コレクションより) Image by FASHIONSNAP.COM
ポリ塩化ビニール製のアイコンバッグ(2020年春夏コレクションより) Image by FASHIONSNAP.COM

最近では「大豆田とわ子と三人の元夫」で松たか子演じる主人公が劇中で度々「マメ クロウゴウチ」のアイテムを身に着けていたことが話題に。

過去にはトッズや荒木経惟とのコラボも

 「シハラ(shihara)」や「水沢ダウン」、写真家の小浪次郎、荒木経惟など、これまで様々なブランドやクリエイターと協業。2020年3月には、「トッズ(TOD’S)」のプロジェクト「トッズ ファクトリー(TOD’S FACTORY)」の第3弾デザイナーに抜擢され、コラボコレクションを発売しました。

関連記事
「トッズ」マメの黒河内真衣子とのカプセルコレクションを公開、旅のワードローブがテーマに

ブランド設立10周年 初の直営店、展覧会、新コレクション始動...

 2020年に10周年を迎えたマメは、昨年から今年にかけて多岐にわたるプロジェクトに取り組んでいます。昨年3月には世田谷区羽根木エリアにブランド初の直営店「Mame Kurogouchi Hanegi」を出店。

関連記事
「マメ」初の直営店オープン、築40年のアパートをリノベした茶室風のショップに

 今年6月からは長野県立美術館で、10年間の創作プロセスを紹介する展覧会「テン マメ クロゴウチ(10 Mame Kurogouchi)」を開催。同館の新しいスタッフユニフォームのデザインも担当しました。

美術館 マメ クロゴウチ

関連記事
マメ クロゴウチが展覧会開催、デザイナーのダイアリーやアーカイヴ公開

 また、洗練された素材と極限まで削ぎ落としたシンプルなデザインによる新たなコンセプトのコレクション「マメ クロゴウチ ベーシックス(Mame Kurogouchi Basics)」を発表。第1弾「Collection 01」は、6月からマメ クロゴウチの直営店やオンラインストア、伊勢丹新宿店、三越伊勢丹オンラインで販売を予定しています。

マメクロゴウチ ベーシック シルク

関連記事
マメ クロゴウチの新コレクション「ベーシックス」始動、全アイテム黒色シルクのワードローブを提案

ユニクロとのコラボを発表

 ユニクロがインナーコレクションでデザイナーと協業するのは、2019年のアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)以来。日本デザイナーとしては大抜擢となりました。Uniqlo and Mame Kurogouchiは「下着と服の境界線をボーダレスに」をテーマに、インナーウェアにフォーカスした全18型を発表。エアリズムや3Dニットをはじめとしたユニクロの技術と機能性に、マメ クロゴウチを象徴する曲線的なカッティングを掛け合わせたアイテムを製作しました。黒、白、ベージュ、ブラウンといった様々なスキントーンに合うベーシックカラーで、6月18日に全国の店舗で発売されます。

ユニクロ マメ 下着

アイテム詳細はこちら
ユニクロが「マメ クロゴウチ」とコラボ 全18型「肌に一番近いところから女性を快適に」

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング