Cultureスニーカートップセラーに聞く

【スニーカートップセラーに聞く】2020年のベストスニーカーとこれからのシューズ事情-atmos 小島奉文-

 日本を代表するスニーカーショップのキーマンが1年間を振り返る「スニーカートップセラーに聞く」。2020年の第1回は、アトモス(atmos)のディレクター小島奉文さんに今年のベストスニーカー3足と今年と来年のスニーカー市場について語ってもらいました。

■【スニーカートップセラーに聞く-2019- 】
前編:atmos 小島奉文とmita sneakers 国井栄之が選ぶ今年のベストスニーカー5選
後編:atmos 小島奉文とmita sneakers 国井栄之が語る2020年のスニーカー市場

■【スニーカートップセラーに聞く-2018- 】今年のベスト&最多着用は?これからのシューズ事情も
atmos 小島奉文

— ADの後に記事が続きます —

■atmos
atmosphere(大気)のようにそこにあって当然のようなショップでありたいという思いを込めて、2000年に東京・原宿にヘッドショップをオープン。ファッションとしてのスニーカーをテーマに、店内にはスニーカーウォールを設置し、ナショナルブランドとのコラボレーションやエクスクルーシブモデルをはじめ、最新プロダクトのテストローンチやマーケティングなど、東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信している。2018年から新業態として女性のためのコンセプトショップ「アトモス ピンク(atmos pink)」を展開している。

■小島奉文
1981年生まれ 。文化服装学院を卒業後、スニーカー業界へ。atmosディレクターを担当し、数々の別注企画を手掛ける。スニーカーのモノ・コト・ヒトに精通する自他ともに認めるキックスフリーク。

小島奉文が選ぶ今年のベストスニーカーTOP3

FASHIONSNAP.COM(以下、F):今年は下駄箱に何足くらいスニーカーが増えましたか?

小島:頂いたものも合わせると今年は50足以上増えたと思います。

F:では今回はその50足の中からベストスニーカー3足を選んで頂いたかたちですね。1位から順に見ていきましょう。

1-ナイキ ダンク Spartan Green

小島:今年は毎月のようにダンクの新色が出ておそらく10種類以上は発売されたんですが、どれも即完売で。今年はダンクイヤーだったと言っても過言ではないくらいでした。

F:ダンクは昨年から注目されていましたね。

小島:そうですね。コート系スニーカーの流行というのもありますが、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)やトラヴィス・スコット(Travis Scott)の影響が大きいと思っています。ヴァージルやトラヴィスがダンクのコラボモデルを発売したことで注目を集めて、エア フォース 1とエア ジョーダン 1などのナイキ社を代表するスニーカーの一つになりました。1990年代後半から2000年代前半にも一度流行ったんですが、当時よく集めていたという思い出もあって、今年出たダンクは全色買ったと思います。

F:中でもベストが「Spartan Green」。9月に発売されたカラーですね。

小島:僕の持っている服にも合わせやすいというのもあって、今年はグリーンの気分だったんです。

F:ダンク人気は来年も続くと思いますか?

小島:来年も引き続き沢山発売されるので、人気は継続すると思いますよ。カラーもOGだけじゃなくて、バリエーションが増えるので今より買いやすくなりますし。

F:来年発売されるダンクで気になっているカラーはありますか?

小島:どのカラーが発売するなどの具体的な詳細をまだお伝えはできないんですが、とあるオリジナルカラーのローカットがひさびさに復刻するので3足くらい欲しいですね。

2-ニューバランス ML2002R BLACK

関連記事
ニューバランスの「2002」が復活、アッパーがヌバックとメッシュのコンビネーションに

F:小島さんはあまりニューバランスを履いているイメージがなかったので、意外です。

小島:2018年からこの年末企画に出ていますが、ニューバランスのスニーカーは初ですね。毎年ニューバランスは少しではありますが買っていて。今年は本当に豊作年だったということもあり、下駄箱にニューバランスのスニーカーが一気に増えました。

F:今年は5年周期で復刻している「1300」や、初めて復刻した「992」が話題を集めましたね。

関連記事
「ニューバランス」のスニーカーが人気上昇中 復刻・コラボ当たり年で話題に

小島:話題性の高いモデルも多かったですし、ダンクイヤーだったと言いましたが、一方でニューバランスイヤーでもあったなと。

F:「ML2002R」はメイドインUSAの「2002」のアジア製モデルです。

小島:2010年に2002が登場して、アトモスでも取り扱っていましたがとても人気でした。カルト的な人気があったのでファン待望だったのと、992や1300がヒットしたことの良い影響か若い人にも刺さって、ML2002Rは爆発的に売れました。告知無しのゲリラでオンライン販売をしたんですが、400足が即完売。社内のスタッフからも「欲しかった......」と嘆く声が挙がったり。

F:ソールはオリジナルの2002とは違うんですよね?

小島:860v2のツーリングを採用しています。履き比べると全然違いますよ。990番台と比較しても柔らかくて軽いです。

F:ML2002Rはグレーも展開されましたが、これまでのモデルで使われている所謂ニューバランスのグレーとは違ったカラーリングですよね。

小島:価格はニューバランスの中では抑えめの税込1万7600円なんですが、高級感がありますよね。来年もアジアでは2002推しで商品が展開されるみたいです。

F:ニューバランスだと今年発表した「327」も売れていた印象です。

関連記事
ニューバランス、即完売した人気モデル「327」のグレーを再販

小島:327も人気でしたね。327は2014年からデザインチームに加わった新しいデザイナーが作ったみたいで。そういった新しい風もあって、口コミだったりSNSで「ニューバランスが良い」という情報が上手く広がっていきましたよね。僕自身も「おすすめのブランドは?」と聞かれたらニューバランスと答えていますし、同業者だったりスニーカー業界内でも評判は良い。他ブランドと比べると金額は高めですが、プレミア感が上手にお客さんまで伝わっているイメージです。「今年、初めてニューバランスを買った」という若い人の声もよく聞きました。

F:ニューバランスは2014年ごろの「ノームコア」ブームの時にも人気でしたが、当時のトレンドとは違った雰囲気を感じます。

小島:2014年ごろに人気だったのは「996」で、マスに降りすぎていたと思うんです。それこそアトモスでは特に反応はなくて。実は当時から、ニューバランスの人に「スニーカーヘッズが好むモデルがない」と言い続けていたんですよ。それが今年は1300だったり、WTAPSの992が良いタイミングで発売されて、ファンの心をうまく掴んだなと。あとはメイドインUSAだけじゃなくて、それこそアジア製の「ML2002R」なども評価されていくと、どんどんバリエーションが増えて業界全体として面白くなると思うので、来年もアトモスでは2002をプッシュしていくつもりです。

3-アシックス×アトモス×ショーン・ウェザースプーン GEL-LYTE III

関連記事
アシックス×アトモス×ショーン・ウェザースプーン、コーデュロイのゲルライトスリーを発売

F:こちらはゲルライトスリー(GEL-LYTE III)の30周年を記念して製作されたモデルですね。小島さんが企画したんですか?

小島:そうです。ショーンとは1年半ぐらい前のエアマックスのイベントで出会い友達になったんですが、インスタグラムのDMで「何かやろうよ」と話したことからこのスニーカーの製作が始まりました。ゲルライトスリーの30周年モデルはいくつか発売されたんですが、その中で一番話題になったと自負があります。

F:ショーン・ウェザースプーンのスニーカーは元々人気がありますが、このモデルは特にギミックが面白いですよね。

小島:サイドのアシックスロゴがマジックテープで付け替えれる仕様になっていて、アレンジできることが好反応でしたね。ちなみに「ロゴが取れる」というのはゲルライト史上初めてのことらしいです。

F:付け替え用のロゴは5色。五輪をイメージしたものですか?

小島:大人の事情により、「スポーツの祭典をイメージした」とだけお伝えします(笑)。本当は白色のロゴも用意していて、ショーンが白色のロゴの上に絵を描くというポップアップを予定していたんですが、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまって。非売品という形でシューズボックスの中にランダムに入れて販売しました。

F:左右で色が違うので、"バカ履き"コーデになりますね。

小島:テーマが「LA to TOKYO」で、僕のベースの東京とショーンが拠点を構えるロサンゼルスを繋ぐという想いを込めていて、左足が東京、右足がロサンゼルスをイメージしてデザインしています。バカ履きなので少しパンツなどに合わせづらいという意見もありましたが、スニーカーヘッズは上手に履きこなしてくれていました。

F:ショーンさんとは今、他にも別のモデルを作ったりしているんですか?

小島:ショーンとのプロジェクトは続けていく予定です。まだ詳細は言えないんですが、楽しみにしておいてください。ただ、このゲルライトスリーを発売する前にショーンがアディダスと契約を結んじゃったりで、色々と大変でした。コントロールが難しいのがショーンらしいですけどね(笑)。

F:大人の事情ですね(笑)。アシックスの魅力は何だと思いますか?

小島:職人気質で、全てにおいてクオリティコントロールがしっかりしていますね。あとは日本のブランドなので、同じ日本発で僕らとの相性はいいですし一緒に盛り上げていきたいです。

VISIBLE by atmos AIR MAX MAGAZINE (三才ムック)
メーカー: 三才ブックス
発売日: 2019/03/04
価格: ¥1,416(2020/12/29現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング