Image by: CURLY

Fashion 名品・定番

カットソー専門ブランド10選 -ファクトリーメーカーからLAカジュアルまで-

 Tシャツ、スウェット、肌着——バリエーション豊富で身体にフィットし、お手入れも楽なカットソー。名称の由来は「cut & sewn」で、編み地を裁断(cut)し縫製(sewn)したニット製品を指します。こだわりのカットソーを専門で扱う、国内外のブランドやファクトリーメーカーを集めました。

1.スムースデイ

Unisex 40/1テクノラマ天竺 立体TシャツOPE型 Image by: スムースデイ

ブランド名:スムースデイ(smoothday)
価格帯:1万~2万円台
公式サイト

■スムースデイについて

 1924年創業の小野莫大小工業(小野メリヤス)により2012年に設立。フランスで経験を積んだデザイナー杉原淳史がパリのメゾンで手にした小野莫大小の生地に魅了され、入社後に立ち上げたというファクトリーブランドです。独自開発の素材で自社生産、「肌にあう」をコンセプトに作られるカットソーは機能性と美しさを兼ね備えています。

■カットソーの特徴

 綿100%を基本とし、独自配合のインド綿を使用。特許を取得したカットソー素材「コズモラマ」のシリーズはブランドスタート時から展開し、シルクのような光沢が特徴です。カシミヤのような肌触りの「ディオラマ」、レーヨンのようなトロミの「テクノラマ」など、上質な独自素材で立体的な作りのカットソーを幅広く展開しています。

 

2.カーリー

SDH QS CN TEE Image by: カーリー

ブランド名:カーリー(CURLY&Co.)
価格帯:6,000~1万円台
公式サイト

■カーリーについて

 1963年に香川県で手袋製造業として創業し、縫製技術を活かしてカットソーの工場を創設した川北縫製によるファクトリーブランド。輸出用カットソーの生産から国内向けにシフトしていく中、2009年に現デザイナーと出会い「カーリー」がスタートしました。ブランド名は、縫製時に生地の端がカールするカットソー特有の現象に由来。素材の企画からパターン、縫製まで全て自社で行っています。

■カットソーの特徴

 シーズンごとのテーマは設けず、ワーク、スポーツ、ミリタリーといった実用衣料のディティールをベースに現代風に再構築。素材が持つ特徴を生かし立体的なパターンを取り入れたベーシックアイテムをはじめ、スラックスやニットデニムなど時代の空気感を取り入れたデザインで、新しい価値観のカットソーを提案しています。

  

3.ジェームス パース

ライトウェイトジャージーを使用したベーシッククルーネックTシャツ Image by: ジェームス パース

ブランド名:ジェームス パース(JAMES PERSE)
価格帯:8,000~4万円台
公式サイト

■ジェームス パースについて

 米ロサンゼルス生まれのデザイナー ジェームス・パース(James Perse)が、1994年に立ち上げたカジュアルウェアブランド。1996年にファーストコレクションとしてウィメンズのカットソーを発表し、1998年にはメンズコレクションを発表。上品さとカジュアルさと併せ持つカットソーをメインに、シャツやパンツ、アウターなども取り扱っています。新しいカリフォルニアカルチャーを発信し、ハリウッドなどの海外セレブからも支持を得ています。

■カットソーの特徴

 ジェームスが生まれ育った西海岸のライフスタイルをモダナイズし、カジュアルウェアでありながらラグジュアリーな雰囲気。ソフトな着心地のコットン100%ライトウェイトジャージーを使用したTシャツは、クルーネックとVネックが定番。ホワイト、ブラック、チャコールグレー、ネイビーの4色をベースに取り扱っています。

 

4.ループウィラー

定番モデル「LW09 丸胴吊り編みジップパーカ」Photo by : LOOPWHEELER

ブランド名:ループウィラー(LOOPWHEELER)
価格帯:1万~2万円台
公式サイト

■ループウィラーについて

 創業者の鈴木諭により、1999年に「世界一、正統なスウェットシャツを。」というコンセプトのもと誕生したスウェットメーカー。熟練の職人により吊り編み機で編み立てられた生地のみを使用し、全て国内で製造しています。着心地と長く着られる品質が特徴。技術や生産背景を未来に存続させていくことも、ループウィラーがスウェットシャツを作る理由となっています。

■カットソーの特徴
 吊り編み機ならではの特徴として、糸が空気を含んで適度な太さを保つため、厚みがありながら柔らかさがあります。代表的な裏毛生地LWベーシックを使用したスウェットは、クルーネックのプルオーバーやパーカが定番アイテム。立体ポケットや縫い代の膨らみを減らすフラットシーマなど、細部まで着心地を追求しています。>>パーカの定番ブランドまとめへ

 

5.セントジェームス

photo by FASHIONSNAP.COM

ブランド名:セントジェームス(SAINT JAMES)
価格帯:1万7,000~2万円台
公式サイト

■セントジェームスについて

 フランス北部のノルマンディー地方にあるセントジェームス市の名前を冠し、1889年に創業。当初は地元の漁師や船乗りの仕事着として、マリンセーターを製造していました。ノルマンディー地方の海の暮らしから生まれた伝統的で時代を選ばないデザインが特徴。変わらぬスタイルと高い品質がポリシーで、中でもフランスの工場で作られるコットンボーダーシャツは創設以来100年以上の歴史があり、世界中で愛用されています。

■カットソーの特徴

 全ての製品に上質なコットンやウールを使用し、実用的な素材とデザインが特徴です。ブランドを代表するアイテムは、ボートネックの長袖シャツ「ウエッソン(OUESSANT)」と、かつてフランス海軍の水兵らの制服だった「ナヴァル(NAVAL)」。ボーダーが人気で、伝統的なトリコロールカラーをはじめ幅広いカラーバリエーションを展開しています。先染め糸を使用することで色落ちや色あせにくく、丈夫な作り。着込むほどに風合いが出て身体に馴染みます。

 

6.スリードッツ

ベストセラーカットソーの「James」(メンズ) Image by: スリードッツ青山店

ブランド名:スリードッツ(three dots)
価格帯:1万~3万円台
公式サイト

■スリードッツについて

 1995年にアメリカ・ロサンゼルスで誕生したプレミアムカットソーブランド。ロゴにも表現されている3つのドットには、"pure"=シンプルで洗練されていること、"effortless"=自然体でいられる気持ちよさ、"luxury"=最高の素材による上質感の3つの意味が込められています。Tシャツの製造をメインに、現在ではニットやアウターなどトレンドに左右されないアイテムをメンズ・ウィメンズで展開しています。

■カットソーの特徴

 上質な素材とフィット感、バランスの良いシルエットは、フィッティングの繰り返しによる綿密なデザインプロセスで設計されています。誕生以来人気のウィメンズのUネックTシャツ「ジェシカ(jessica)」は、肉厚のスーピマコットンを使用し女性らしさを際立たせるカッティングと適度なフィット感が特徴。フラットロックステッチで不快なアタリを解消しているのも着心地のポイントです。

 

7.オルタナティブアパレル

ALTERNATIVE APPAREL公式サイトより

ブランド名:オルタナティブアパレル(ALTERNATIVE APPAREL)
価格帯:2,000円~4,000円
公式サイト

■オルタナティブアパレルについて

 1995年にアメリカ・カリフォルニアでグレッグ・オルターマン(Greg Alterman)により設立したカットソーブランド。ベーシックなアイテムが豊富で、シルエットやカラーリングのヴィンテージ感が特徴です。環境に優しい製法やエコ素材を使用したライン「オルタナティブ アース」も展開しています。

■カットソーの特徴

 定番アイテムはTシャツやパーカ。独自の加工技術によって、長年着込んで少しあせたような風合いと着心地を実現しています。豊富なバリエーションの素材と、ベーシックなスタイルに個性を感じられるデザインが特徴です。

8.フィルメランジェ

新定番商品「ロバート」Image by: フィルメランジェ

ブランド名:フィルメランジェ(FilMelange)
価格帯:1万~3万円台
公式サイト

■フィルメランジェについて

 2007年にスタートした日本発カットソーブランド。ブランド名の由来は"混ざった色の(Melange)糸(Fil)"で、古くからTシャツやスウェットシャツに使われてきたグレー色の糸のことを指しています。綿の選定から縫製まで自社で行い、着る人や時代を選ばないカットソー作りを目指しています。

■カットソーの特徴

 独自に開発した綿糸やオーガニック素材を用いて日本国内で製造されたカットソーは、着心地が良く柔らかい肌触り。吊り編み機によるスウェット素材はふんわりとした風合いと触感で、立体を意識したデザインはリラックスできるフィット感を生み出しています。2018年秋冬からは新定番「ロバート(ROBERT)」が登場。古き良きディテールを残しつつ、現代的なバランスを取り入れた仕上がりになっています。>>パーカの定番ブランドまとめへ

 

9.フリストフィア

定番アイテムの「クルーネックのスウェット」Image by: フリストフィア

ブランド名:フリストフィア(FLISTFIA)
価格帯:9,000円~1万5,000円
公式サイト

■フリストフィアについて

 海外のヴィンテージショップやセレクトショップでの販売、国内で営業などの経験を積んだ倉本浩史が、2009年に立ち上げたブランド。「何気なく購入した物を、ついつい毎朝手に取ってしまい、いつの間にか愛用しているようなプロダクトであり、長年愛着している古着のような着用感、素材感を引き出せるアイテムの提案」をコンセプトに、カットソーに特化して提案しています。

■カットソーの特徴

 カットソーの特性を生かしつつ、製品の仕上がりと着用した雰囲気やフィット感を大切にしながら、クオリティと価格のバランスを重視。シンプルで洗練され、着れば着るほど生活に馴染みます。素材選びやパターン、縫製まで、日本独自の技術を反映。創立当初から発表しているクルーネックのスウェットなど、飽きることなく着続けられる服を提案しています。

10.レイニング チャンプ

定番商品の中で一番人気のミッドウエイトテリー素材を使ったImage by: レイニング チャンプ

ブランド名:レイニング チャンプ(REIGNING CHAMP)
価格帯:スウェット2万円前後/カットソー7,000円前後/ジャケット3万円前後
公式サイト

■レイニングチャンプについて

 2007年創業のレイニングチャンプはカナダ・バンクーバーを拠点に据え、デザイン、素材、縫製に至るまで自社工場によるメイド・イン・カナダにこだわったプレミアムアスレチックウェアを製作。2018年にはサザビーリーグと独占販売契約を結び、日本での展開を本格的に開始しました。

■カットソーの特徴

 「ウィングス アンド ホーンズ(Wing+horns)」などを生産する工場が、アスレチックウェアを提案する新しいコンセプトで立ち上げたブランド。着心地の良さや、タイムレスで洗練されたデザインが特徴です。また4本針のフラットシーマにより頑丈な縫製から、本国ではNBAのプロバスケットボールプレイヤーを始め多数のアスリートから支持されています。そのほか、アメリカ人ラッパーのKendrick Lamarとのコラボレーションを発表。ストリートからスポーツまで幅広いジャンルで好まれています。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング