Lifestyleニイハオ、ザイチェン

琥珀色の街より、你好。|コラム連載 - ニイハオ、ザイチェン

(文・佐藤秀昭)

— ADの後に記事が続きます —

Hello, goodbye.

不思議なもので、年齢や環境、その時の心境で、つい口ずさんでしまうThe Beatlesの曲は変わるものだ。

You say yes, I say no,
You say stop and I say go go go.

2021年9月19日、3年ぶりに、マンダリンの楼上、上海の地を踏んだとき、自然とこのメロディーがぼくの頭に浮かんだ。

「宇宙の深遠なテーマだよね、双対性って。人は黒を持つとき、すべからく白も持つ。それは、人生の素晴らしい点なんだ」

今から55年前、『Disc magazine』のインタビューで、The Beatles  16枚目のシングル『Hello, Goodbye』について、ポール・マッカートニーは、そう語ったそうだ。

双対性。
たとえば、The Beatlesのジョンとポール。

たとえば、上海と東京。
中国人と日本人。

仕事と家族。
上司と部下。
蕎麦とうどん。

たとえば、ヒロトとマーシー。
Corneliusとオザケン。

そして、クリエイションとビジネス。

双方が存在することで初めて意味を成し、お互いを輝かせる、オセロの白と黒。

◇ ◇ ◇

右も左も分からぬまま、大学時代の友人と「トウキョウリッパー(TOKYO RIPPER)」を立ち上げ、東コレ参加も含めてクリエイションに情熱を灯した20代。

会社に入り、島耕作のようなサラリーマンに憧れ、好きな仕事で犬のように働いた30代。

家族を持ち、ニッポンのファッションを通じて、世界中の人々に楽しさや感動、豊かさを届けようとしている40代。

これまで、いくつもの出会いと別れの中で、“Yes”と“No”、“Go”と“Stop” を繰り返して、歩んできたこの道。

この度、このような素晴らしい場所に。

琥珀色の街から海を越えて、毎週月曜日、ぼくの足跡を記させて頂けることとなりました。これから綴られるであろう、中国と上海にまつわる冗文、駄文、乱文、衍文、拙文を読んでくださるすべての皆様に心からの感謝を。

你好,再见。

佐藤 秀昭(Hideaki Sato)

群馬県桐生市出身。早稲田大学第一文学部卒業。在学中に、友人とブランド「トウキョウリッパー(TOKYO RIPPER)」を設立し、卒業と同年に東京コレクションにデビュー。ブランド休止後、下町のOEMメーカー、雇われ社長、繊維商社のM&A部門を経て、現在はレディースアパレルメーカーの海外事業本部に勤務。主に中国、アジアでの自社ブランド展開に従事。家族と猫を日本に残し、2021年9月からしばらくの間、上海長期出張中。

地球の歩き方 D02 上海 杭州 蘇州 2019-2020
編集: 地球の歩き方編集室
メーカー: 地球の歩き方
発売日: 2019/08/01
価格: ¥1,777(2022/02/18現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング