ADVERTISING

【あの人の東京1年目】「アンジュルム」佐々木莉佳子と赤羽橋

“宇宙一のアイドル”を目指して突き進んだ日々

IMAGE by: FASHIONSNAP

IMAGE by: FASHIONSNAP

【あの人の東京1年目】「アンジュルム」佐々木莉佳子と赤羽橋

“宇宙一のアイドル”を目指して突き進んだ日々

IMAGE by: FASHIONSNAP

 地方出身の著名人たちが、上京当時を振り返る連載企画「あの人の東京1年目」。3人目は、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」のメンバーで、雑誌「CanCam」の専属モデルを務める佐々木莉佳子さん。今年6月でグループを卒業し、約10年間のアイドル人生に区切りを迎える佐々木さんは、“服一家”に生まれながらも11歳で宮城から上京し、“宇宙一のトップアイドル”を目指してきました。上京して夢を追いかけた若き日の表現者たちは、新しい環境での挫折や苦悩をどの様に乗り越えたのか? 夢追い人たちへ贈る、明日へのヒント。

ADVERTISING

服一家に育つも、夢は“宇宙一のトップアイドル”

 出身は宮城県の気仙沼です。私の子ども時代は、自由奔放で動くことが大好きな、ザ・天真爛漫という感じ。男の子に混じってスポーツをしたり、習い事ではエアロビやいろんなスポーツをやったりと、常に外で走り回っていました。歳の離れた姉と兄がいる3人兄弟の末っ子なのもあり、我儘だし生意気だったと思います(笑)。

 私の家族は、父が元々パタンナー、姉と兄がファッション専門学校卒という“服一家”。父には、私が幼い頃から「良い服を着なさい」と教えられて。小学生の頃は、同級生の子たちと違うテイストの服を着ている自分を恥ずかしく感じたこともありましたが、今考えるとすごくかっこよかったなって。私、父以上にセンスのある人はいないと思っているので、今でもコーディネートに迷ったら、テレビ電話して相談しているんです。

Tシャツにデニム姿の11歳頃の佐々木莉佳子

上京当時(11〜12歳頃)。子ども時代は、父が好きだったGAPの服や古着をよく着ていた。

Imaged by 佐々木莉佳子

 常にファッションが身近にある環境で育ちましたが、小さい頃からとにかくダンスが大好きで、夢はずっと変わらず“宇宙一のトップアイドル”になること。そして、当時の「女の子が持っているようなキラキラしたものが好き」「プリキュアやセーラームーンのような女戦士になりたい」という感覚は今でも変わりません。アンジュルムのメンバーとも話すんですよ、「うちらってプリキュアみたいだね」って。

飯倉公園をバックに道路でポーズを取る佐々木莉佳子

当時の彼女にとって、宇宙は「規模が大きくて、その中に数えきれない星がある」というイメージ。明確なビジョンはなくとも「自分では想像できない世界まで行きたい」という気持ちを込めて、“宇宙一”と口にしていた。

Imaged by FASHIONSNAP

 東日本大震災の後は、地元のご当地アイドル「SCK GIRLS」として活動していました。当時は振り付けしてくれる先生もおらず、全部自分たちでやらなきゃいけなくて。でも誰も手を挙げないので、「何でみんなやらないんだ?じゃあ私がやります!」という感じで、幼いながら振り付けを担当しました。そんな目立ちたがり屋で怖いもの知らずな性格だったからこそ、この世界に飛び込んで来られたんだろうなと思います。

思い出が詰まった“第二の家” 赤羽橋

 気仙沼を出て上京したのは、小学5年生・11歳の終わり頃。きっかけはモーニング娘。さんの11期オーディションに落ちて、ハロー!プロジェクトの研修生になったこと。初めは毎週末、レッスンのために気仙沼から東京まで通っていたのですが、続けるのは距離的にも金銭的にも大変だったので、東京で暮らすことにしたんです。

公園の柵に座る佐々木莉佳子

当時は母と姉と3人で東京に引っ越し、途中から兄も合流しての4人暮らし。父は仕事のため一人で気仙沼に残り、それ以来ずっとその生活を続けている。「そんな父は本当に偉大です」(佐々木莉佳子)

Imaged by FASHIONSNAP

 上京当時から事務所やレッスンスタジオがあった赤羽橋によく行っていて、会社のビルは“第二の家”みたいで大好きな場所でした。ファンの方はご存知だと思うのですが、会社の1階には「パシフィックヘブン」というカフェがあって、そこでイベントをやったりもしていたんです。私はビルの警備員さんと喋るのも大好きで、「おはようございます。今日はあったかいですね」なんて、小学生の頃からよく話しかけたりしていました。

事務所が入っていた赤羽橋のビルの外観

以前事務所が入っていた赤羽橋のビル。「ペンギン」と「クジラ」というユニークな名前の練習スタジオがあった。

Imaged by FASHIONSNAP

インドカレー屋「Ganesha Dining」の外観

ハロー!プロジェクトのメンバーとよくご飯を食べに行ったというインド料理屋さん「ガネーシャダイニング」

Imaged by FASHIONSNAP

 レッスン終わりにいつも仲間と喋ったり遊具で遊んだりしていた「飯倉公園」にも、思い出がたくさんあります。たぶん、ハロメン(*ハロー!プロジェクト所属メンバーのこと)で行ったことのない子はいないんじゃないかな。そんな思い出の詰まった大好きな場所だったので、コロナ禍で事務所が移転することになってしまって、本当に寂しいし悲しかったです。今でも時々仕事で赤羽橋に来ることがあるのですが、近くを通ると当時のことを色々思い出して、懐かしい気持ちになりますね。今日も久しぶりに来られて嬉しかったです。

グリーンのメタリカのTシャツを胸元で掲げる佐々木莉佳子

父の影響でロックを聴き始め、上京当時にはロックTシャツを愛用。中学時代は古着にのめり込み、今では“庭”となった下北沢に通うも、同級生たちと服の趣味は合わなくなってしまった。この日は思い出の「飯倉公園」で撮影。

Imaged by FASHIONSNAP

「立場や歴なんて関係ない、私が真ん中に立つ」

 地元を離れて暮らすのは寂しさもありましたが、新しい世界に飛び込んでいたので、上京後の日々は楽しかったし意外と平気でした。でも、やっぱり自分が想像していたより厳しいことも多くて、生まれて初めてぶつかった壁は「敬語を使うこと」。研修生になるとまずマナーを教えられるんですが、当時のマネージャーさんが、もう笑っちゃうほど厳しくて。いつもドキドキしながら、名前を呼ばれるたびに背筋がピンと伸びてしまうような感じでした。でもそれがあったからこそ、人として成長できたと思います。

佐々木莉佳子による足元の自撮り

Imaged by FASHIONSNAP

 私は根っからの負けず嫌いなので、研修生の頃は「立場や歴なんて関係ない。私が真ん中に立つ」みたいな感じで、もうバチバチで。自分が新人だろうが、すごい先輩がいようが、絶対にその位置を奪えると思っていたし、自信満々でした。何かのインタビューでライバルを訊かれた時、みんなは同期の名前を答えるのに、私は先輩の名前を出したりして。だけど、それぐらいの気持ちがあったから乗り越えられたことがたくさんあったし、環境の変化にもついていけました。

滑り台に腰掛けてポーズを取る佐々木莉佳子

Imaged by FASHIONSNAP

 第二の壁にぶつかったのは、デビュー後ですね。1年半の研修生期間を経て、中学1年生になったばかりの13歳の時に3期メンバーとしてアンジュルムに加入したのですが、久々の新メンバー加入だったので、「受け入れてもらえないんじゃないか」という不安もありました。でも特に辛かったのは、それまで自信を持ってやってきたダンスを、ファンの方たちから否定されてしまったこと。研修生時代は個々でのパフォーマンスだったのが、デビュー後は周りと合わせることも意識したグループとしての見せ方が必要で。自分がそれまで信じてやってきた正解が、新しい場所では違ったんです。初めて「正解は一つじゃない」と気づかされた出来事でした。

 悲しかったし悩みましたが、一旦自分が信じてきたものをやめて周りに合わせる気持ちを持ちながら努力したら、少しずつ変わることができました。でも一方で、私は研修生の頃から変わらず、「ステージ上では先輩後輩は関係ない」という思いをずっと持ち続けてもいて。礼儀も大事だけど、ステージというのは個々のパワーやグルーヴのぶつかり合いだし、上下関係なく食らいつくからこそ生まれる凄い力がある。そんな気持ちでやり続けていたら、今度は先輩たちが私の勢いについてきてくれるようにもなったんです。だから、グループの中に収まれるようになったのは、一度自分を見つめ直す時間を持ったからでもあり、私の考えを受け入れてくれた先輩たちのおかげでもあったと思います。

佐々木莉佳子流「友達の作り方」

 上京した時は、転校生だったので当然友達は1人もいなかったのですが、私は性格的に友達を作るのが超得意なタイプで。仲良くなりたい子がいたら、最初にその子のことを見つめてニコッと笑う。そうすると、人って釣られて笑うんですよ。それを覚えて、「笑顔」で友達を作っていました(笑)。だから、転校初日からクラスのみんなと遊びに行っていたくらい、友達に困ったことはなかったです。

 学校の友達や先生にもすごく恵まれていました。普通は学校に行ったら「芸能人だ」と冷やかされたりしてもおかしくないけれど、そんな人はいなくて。元々友達の前では恥ずかしくてあまり泣けないのですが、その人たちの前では涙を見せられるくらい、本当に支えられていました。みんなよりも寝る時間や遊ぶ時間が少ない生活を送っていたので、「もう学校なんて」と思った時期も正直ありました。でも、担任の先生もアイドル活動に理解があって、仕事で疲れすぎて授業中に寝てしまったり、嘘をついて早退したりしてしまった時も、何も言わないでいてくれて。ありがたかったですね。

公園の柵に腰掛ける佐々木莉佳子

「友達を作るのが超得意」の言葉通り、撮影中も公園で遊んでいた子どもたちに自ら話し掛け、いつのまにか仲良くなっている姿が印象的だった。

Imaged by FASHIONSNAP

 仕事では、研修生時代にライバルだった先輩であり、アンジュルムでは同期になった室田瑞希ちゃん(以下、むろ)との出会いが大きいです。研修生の頃は「絶対負けない」と思っていましたが、同期としてグループに入ってからは、切磋琢磨できる“戦友”のような存在になりました。むろがいたからこそ抱けた熱い気持ちやできたことがたくさんあったので、むろが卒業(*2020年3月)した後に、自分の中でその存在がどれだけ大きいものだったのかを実感しました。2人で会うと今でもその話になるくらい、お互いにとって無くてはならない大切な存在でしたね。

 小中学生時代は笑顔と勢いで友達を作っていた私ですが、今となっては人の難しさを色々知ってしまったので、前よりも少し慎重に距離を詰めるようになりました。いろんなメンバーがいるグループの中で過ごしていると、相手への「理解力」や「歩み寄り」がすごく大事だなと思うんです。特に今は後輩も増えたので、メンバーそれぞれの性格を把握して、毎日挨拶の時点で「今日この子元気ないな」「何か思ってることがありそうだな」と察知して、それに合わせて対応するようにしています。「こういう発言は好きじゃなさそうだな」と感じたら今後は言わないように気をつけたりだとか、日々一人ひとりに関しての学びを得ている気がします。

「浅いものにはなりたくない」だからこそ選ぶ道

 アイドルやモデルとして「表現」を続けてきた中で、私には表現者として「浅いものにはなりたくない」という思いがあります。パフォーマンスはもちろん、言葉も表現の一つとして大切に紡ぐようにしているし、細部までこだわりたくて。アンジュルムに加入した頃は、ただ純粋に自分のやりたいことができる楽しさや喜びが大きかったのですが、今の私はステージに立っている時、「誰かの生きがいになれたらいいな」「自分の存在が誰かの幸せだから、その幸せを広げてあげたい」という気持ちを持っているんです。だから、私が表現をする上での最終的なゴールは「伝える」ということ。自分の中で満足して完結するのではなく、見ている方に伝わってほしいし、周りをちゃんと巻き込みたい。そんな思いを込めて、言葉も紡ぐしパフォーマンスもしています。

佐々木莉佳子のインスタグラムフィードのスクリーンショット

佐々木莉佳子 公式インスタグラムより

 「自分」をしっかり持っていると言われることが多いですが、「自分らしさって何だろう」と迷った時期もありました。でも、型にはまっていないところが自分らしさだと気づいた時に、「何にでもなれる」と思ったんです。それからは、あまり深く考えないようになりましたね。最近は「ブルベ・イエベ」や骨格診断などもありますが、「みんな好きなものを着な」「人生一度きりなんだから自由にやっちゃえよ」って私は思います。こうやって言っていると、実際にファンの方たちが「莉佳子ちゃんのおかげで勇気が出て、今日これ着てみたよ」と伝えてくれたりもして。そういう方たちがいるからこそ、私はどんな色にも形にもなれる人でありたいと思うし、固定観念をぶち壊していく人生でありたいですね。

佐々木莉佳子の自撮り

彼女がこうした価値観を持つようになったのは、アンジュルム自体が「綺麗」や「かわいい」という女性アイドルの固定観念を壊してきたグループであることも大きいという。「初代リーダーだった和田彩花さんのマインドや、ファンの方や周りのみなさんが『自由にやっていいよ、それがアンジュルムだから』と受け入れてくださった環境があったからこそだと感じています」(佐々木莉佳子)

Imaged by FASHIONSNAP

 卒業を発表してから、「今後は何をするんですか?」とよく訊かれるのですが、実はまだ決めておらず、これから見つけていこうと考えています。「ステージに立っている時の自分が一番好き」という気持ちはきっと今後も変わらないので、歌やダンスは続けたいですし、何らかの形でみなさんの前に立つことができるようなお仕事はしていたいですね。でも、先が決まっていないことは全然不安じゃなくて、むしろ超面白いし、それもまた人生だなと。これまではずっと安定していて守られていた環境だったので、1回挫折することが必要だとも思っています。きっと大変なことがたくさんあるだろうけど、そうしないと強くなれないし、壁にぶつかって砕けるからこそ、また人間として1つ大きくなれる。もしダメだったらまた立ち上がって、新しい私を見てもらえるように頑張ります。

 だけど、生きていくのって基本的にめちゃくちゃ辛いし、生きているだけでみんな頑張っていますよね。仕事で疲れて家に帰った後は、お風呂に入るのさえ大変じゃないですか。でも、だからこそ休みの日や幸せがより輝いて見えるものだとも思うし、逆のことがあるからこそ成り立つ部分もある。そんなふうに考えながらたまには自分を甘やかししつつ、頑張ってうまく生きていきましょう、みなさん。

光の中に佇む佐々木莉佳子の後ろ姿

彼女にとって、アイドルやアンジュルムはもはや「人生」だという。「人生は選択の連続によって作り上げられるもの。間違ったこともたくさんあったけど、これまで自分の人生の時間全てをアンジュルムに捧げてきたことは、倍になって返ってきました。今は心から『アイドルでよかった』『間違ってなかった』と思えているので、嬉しいしありがたいです」(佐々木莉佳子)

Imaged by FASHIONSNAP

(編集:佐々木エリカ)

シャツ(4万7300円)、タンクトップ(9900円)、デニムパンツ(5万9400円)/全てミスターイット、スニーカー(3万6300円)/ヨシオクボ、その他全て本人私物 ※価格は全て税込

■佐々木莉佳子公式インスタグラム
■アンジュルム公式サイト公式インスタグラム

・アンジュルム concert tour 2024 spring「Secret secret」開催中(〜6月1日)
詳細ページ

・ANGERME CONCERT 2024 SECRET SECRET 佐々木莉佳子 FINAL「愛情の世界へ、君もおいでよ」
日程:2024年6月19日(水)
会場:横浜アリーナ
詳細ページ

・アンジュルム佐々木莉佳子卒業記念フォトブック「girasol」
発売日:2024年6月4日(火)
価格:2970円(税込)
体裁:A4変形判・128ページ
発売:小学館
詳細ページ

・アンジュルム34th SINGLE「美々たる一撃/うわさのナルシー/THANK YOU, HELLO GOOD BYE」
発売日:2024年6月12日(水)
詳細ページ

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

販売スタッフ

A. LANGE & SöHNE

販売スタッフ

詳細を見る

ジャーナル

【7/18(木)開催】初めての採用ブランディング!基礎から学ぶ成功のステップ

【7/18(木)開催】初めての採用ブランディング!基礎から学ぶ成功のステップ

記事を読む

求人

ブティックマネージャー

Jaeger-LeCoultre

ブティックマネージャー

詳細を見る

ジャーナル

コロナ禍の苦難を乗り越え、「シャンパーニュ・ボランジェ」のブランドアンバサダーへ。ラグジュアリ...

コロナ禍の苦難を乗り越え、「シャンパーニュ・ボランジェ」のブランドアンバサダーへ。ラグジュアリ...

記事を読む

ジャーナル

五感を感じる禅リトリート施設「禅坊 靖寧」とは。人材サービスを展開するパソナが考えるウェルビーイング

五感を感じる禅リトリート施設「禅坊 靖寧」とは。人材サービスを展開するパソナが考えるウェルビーイング

記事を読む

ジャーナル

140年の歴史と卓越したデザインが魅力のBVLGARI(ブルガリ)。歴史や名作とともに求人も紹介

140年の歴史と卓越したデザインが魅力のBVLGARI(ブルガリ)。歴史や名作とともに求人も紹介

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

Liberato 自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

詳細を見る

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

IMAGE by: FASHIONSNAP

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント