「+J」2021年春夏コレクション
「+J」2021年春夏コレクション

Fashionユニクロ「+J」徹底レビュー

【ユニクロ「+J」徹底レビュー 第3回】21年春夏で1点だけ買うなら?メンズ ボトムス編

「+J」2021年春夏コレクション
「+J」2021年春夏コレクション

 「ユニクロ(UNIQLO)」とファッションデザイナー ジル・サンダー(Jil Sander)氏のタッグによる「+J(プラスジェイ)」から2021年春夏コレクションが発売されます。一部アイテムのヴィジュアルが公開されると大きな話題となり、日を増すごとに期待感が高まっています。FASHIONSNAPでは一足先にメンズ・ウィメンズ計26型を借りることができたので、先シーズンに引き続き+Jをファーストコレクションから見てきた編集者2人がアイテムを徹底レビュー。メンズのアウターとトップスに続き、今回はボトムスをチェックしていきます。

ユニクロ プラスジェイ ロゴ

関連記事
【時系列】ユニクロとジル・サンダーの「+J」 契約締結から最新情報までまとめ

— ADの後に記事が続きます —

編集A→普段は国内外のデザイナーズを担当する女性編集者。2009年3月のファーストリテイリングとジル・サンダーの契約発表を目の当たりにした。当時の会見を「懐かしい〜」と目を細める。

編集B→ユニクロをフリースブームの時から見続けている男性編集者。専門はもっぱらラグジュアリーとデザイナーズ。昨今のゆったりシルエットには正直食傷気味だが、「やっぱり買ってしまう」らしい。

1.セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ

セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ(5990円)
セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ(5990円)

編集A:+Jが復活してから初のデニムですよね。いわゆるリジッドデニム。

編集B:セルビッジを主張したいのであれば折り曲げて履くのが正解なんでしょうね。

編集A:ステッチが鮮やかですね。

編集B:いわゆるオレンジステッチですね。ヴィンテージを狙うんだったらイエローステッチや2色組み合わせなどが多いんですが、これはモダンスタンダードなセルビッジジーンズって感じですね。思想的には「アー・ペー・セー(A.P.C.)」のデニムに近いかと。

編集A:レザーパッチ、ボタン、リベットなどには「+J」のロゴが。芸が細かいですね。赤耳の印象はどうですか?

編集B:太くないセルビッジなのでミニマル感がありますよね。エイジングを考えるのであれば、ジーンズの耳はしっかりとアイロン掛けしたいですね。結局アタリが出るときに一部がヨレていると、変なアタリが出てきてしまう。なのでしっかりとプレスしておきたいところ。

編集A:触ってみると思ったよりも肉厚ではないですね。履いてみた感じ股上はどうでしょうか。

編集B:浅くなければ深くもない。割とベーシックなストレートジーンズですね。スリムフィットということもあってか、思ったよりも細いです。あとはポケットの位置が少し下にありますね。硬さはそこまで感じないので履きやすいです。

編集A:価格は5990円。ユニクロオリジナルのデニムは3990円なので若干高めの価格設定ですね。

編集B:それでもこれは安い。買いだと思います。

編集A:カラーはネイビーのほかに、オフホワイトとブラックがあるみたいです。オフホワイトも良さそう。ストレッチ感はどうですか?

編集B:ストレッチ感はそこまでないですが、細身の作りなので少しだけストレッチ性を入れているという感じがします。最近流行りのストレッチがよく効いて動きやすいデニムよりかは、クラシックに寄っているかな。

編集A:ストレッチが入っていないからか、膝の形も出にくくて良さそうですね。

編集B:長く履いて欲しいという思いを感じるような作り。LifeWear magazineに掲載されたインタビューでジル・サンダー氏は「一生ものにもなるアイテムだと思います」とコメントしていますしね。

ジルサンダー  プラスジェイ ユニクロ

そもそもジル・サンダー氏とは?
ミニマルの女王の華麗なキャリアを振り返り

2.ワイドフィットカーゴハーフパンツ

ワイドフィットカーゴハーフパンツ(3990円)
ワイドフィットカーゴハーフパンツ(3990円)

編集A:コットンツイル素材を使ったハーフパンツ。Tシャツに合わせて履けそうな夏らしいスタイルです。

編集B:タックが入っているのがポイントですね。

編集A:Bさんは夏になるとハーフパンツをよく履いてますよね。

編集B:ユニクロの定番商品のハーフパンツは毎年買っています。これはコットンツイル素材なので、少し素材感が違うような。

編集A:色はダークブラウンのほかに、ナチュラル、ブラック、ブラウンがあります。丈は膝上くらいですね。

編集B:多分リラックスウェアという感じで大きめに着るのかな。サイドのポケットが大きめなので機能性は◎ですね。

3.ワンタックテーパードパンツ

ワンタックテーパードパンツ(4990円)※価格はいずれも税込
ワンタックテーパードパンツ(4990円)※価格はいずれも税込

編集A:光の加減によってはピンクのように見えますが、カラー名は「ナチュラル」だそうです。

編集B:この色味はトップスを合わせるのが少々難しいかもしれないですね。最近はノータックではなく、ワンタック、ツータックパンツの方が一般的になってきました。昔はおじさんっぽい印象でしたが、中性的な雰囲気を出せるアイテムとして台頭してきましたね。

編集A:股上が結構長めなので、レトロな印象になりますね。コットンツイル素材で、ハリがあるように見えます。

編集B:色はナチュラルに加え、先ほどのハーフパンツと同様にダークグレーやブラック、ブラウンも用意。買うなら僕はブラックですね。

メンズ ボトムス、1点だけ買うならコレ!

編集A:メンズのボトムスの買いはなんでしょう?

編集B:今回のボトムスはデニム一択かな。スラックスも良かったけど、汎用性という意味では今回のデニムはとてもオススメ。メンズウェア全体で順番を付けるとしたら、最優先は「オーバーサイズステンカラーコート」。次点で「シルクコットンクルーネックセーター」、その後にデニムという感じですかね。

編集A:まぁ、デニムはユニクロ名義のものでも十分なクオリティですからね。生地うんぬんよりもシルエット重視なら+Jですからね。

編集B:そうなんですよね。ユニクロのレギュラーアイテムでも高コスパなのでレギュラーであるアイテムは+Jで買うべきかは難しいところ。なのでやっぱり大本命は「オーバーサイズステンカラーコート」ということで。

関連記事
ユニクロ「+J」春夏はデニムをマストでチェック、実物を見て6つのキーワード紹介

■ユニクロ「+J」:公式サイト

ユニクロ「+J」徹底レビュー 記事一覧
メンズ アウター編
メンズ トップス編
ウィメンズ アウター編
ウィメンズ トップス編

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング