ユニクロ「+J」2021年春夏コレクション
ユニクロ「+J」2021年春夏コレクション

Fashionユニクロ「+J」徹底レビュー

【ユニクロ「+J」徹底レビュー 第2回】21年春夏で1点だけ買うなら?メンズ トップス編

ユニクロ「+J」2021年春夏コレクション
ユニクロ「+J」2021年春夏コレクション

 「ユニクロ(UNIQLO)」とファッションデザイナー ジル・サンダー(Jil Sander)氏のタッグによる「+J(プラスジェイ)」から2021年春夏コレクションが発売されます。一部アイテムのヴィジュアルが公開されると大きな話題となり、日を増すごとに期待感が高まっています。FASHIONSNAPでは一足先にメンズ・ウィメンズ計26型を借りることができたので、先シーズンに引き続き+Jをファーストコレクションから見てきた編集者2人がアイテムを徹底レビュー。メンズのアウターに続き、今回はトップスをチェックしていきます。

— ADの後に記事が続きます —
ユニクロ プラスジェイ ロゴ

あわせて読みたい
【時系列】ユニクロとジル・サンダーの「+J」 契約締結から最新情報までまとめ

編集A→普段は国内外のデザイナーズを担当する女性編集者。2009年3月のファーストリテイリングとジル・サンダーの契約発表を目の当たりにした。当時の会見を「懐かしい〜」と目を細める。

編集B
→ユニクロをフリースブームの時から見続けている男性編集者。専門はもっぱらラグジュアリーとデザイナーズ。昨今のゆったりシルエットには正直食傷気味だが、「やっぱり買ってしまう」らしい。

1.シルクコットンクルーネックセーター(長袖)/シルクコットンVネックカーディガン(長袖)

(左から)シルクコットンVネックカーディガン(6990円)、シルクコットンクルーネックセーター(5990円)
(左から)シルクコットンVネックカーディガン(6990円)、シルクコットンクルーネックセーター(5990円)

編集B:これはヤバいですね。カーディガンが6990円で、セーターが5990円。このクオリティでこの価格は絶句です。

編集A:どちらのアイテムもシルク55%、コットン45%のブレンド素材。セーターは薄手なのでTシャツ感覚で着れそうですね。

編集B:170cmの僕が着てLサイズがちょうど良いかなというサイズ感。若干透けますが、カットソーように使えると思います。と言うか着心地がとても良いです。

編集A:カーディガンのリブは普通だけど、クルーネックの方はリブの部分が少し変わってますね。いわゆるテレコじゃない。スパンテレコとも違うような。普通のリブは縦にラインが入るじゃないですか。これは横に線が入ってる。

編集A:カーディガンはネイビーの色味が渋くて綺麗。個人的に好きな色です。

編集B:今回の+Jはネイビーの色の出し方がすごく良い。先ほどレビューした「オーバーサイズステンカラーコート」のネイビーより少しだけ青みが深いです。色使いだけ見ても「ジルらしいな〜」って感じますね。

編集A:Lサイズにしては若干大きい印象ですかね。あと、後ろの丈がちょっと長い。身頃や丈を変えることで包むようなシルエットを狙っているのも今回の特徴ですね。先シーズン展開していたニット類はカシミヤ推しでしたが、春夏はシルク系がメインですね。

編集B:素材ブレンドがかなり素晴らしいと思います。番手がすごく細く、若干光沢感もあるのでしっかりと上質感を感じられるアイテムです。

編集A:某老舗ニットウェアブランドを彷彿とさせるクオリティーと言っても過言ではないかなと。こういう細い番手のニットって高いんですよね。ニットといえば「ジョン スメドレー(John Smedley)」などが有名ですが、3万円〜3万5000円位しますし。

編集B:ニットってどうしても洗っていくうちに縮んだりヨレたりしていくので、消耗品に近いところがあるんですよね。そう考えると、ハイクオリティのアイテムをこのプライスで着られるのはかなりお得なのでは。

編集A:カーディガンとセーターはあまり注目されていなかったですがこれは買いだなと。是非一回触ってほしいです。着やすいし、すごくきれい。高級感もあって。セーターはカジュアルに着るのに向いてる。品質もすごく良いので、フォーマルな場所でもOKなアイテムだと思います。

ジルサンダー  プラスジェイ ユニクロ

そもそもジル・サンダー氏とは?
ミニマルの女王の華麗なキャリアを振り返り

2.スーピマコットンオーバーサイズシャツブルゾン(長袖)

スーピマコットンオーバーサイズシャツブルゾン(長袖)(5990円)
スーピマコットンオーバーサイズシャツブルゾン(長袖)(5990円)

編集B:シャツ素材のブルゾンって珍しいですね。ボックスシルエットで、ポケットの工夫も良い。

編集A:カラーはブラック、ホワイト、オリーブの3色展開。あとはブルーのストライプが入ったものもあります。オリーブはちょっと作業着感ありますが(笑)。ミリタリーウェアっぽいテープ使いはポイントですね。

編集B:あとはボタンも特徴的。

編集A:光沢があって綺麗です。こうした細かい素材使いで上質な印象に見せるのが上手いですね。

編集B:シルエットも綺麗ですし、汎用性はありそうなアイテムですね。価格が5990円。シャツとして考えると割高に思いますけど、ジャケットとして考えるなら安い。使い方で評価は分かれそうです。

編集A:今シーズンは全体を通してニュアンスカラーが多いですね。最近のユニクロは「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」をはじめ、ニュアンスカラーを打ち出すアイテムを増えてきていることもあって、こういった色使いのノウハウが蓄積されてるのかも。

3.スーピマコットンオーバーサイズオープンカラーシャツ(半袖)

スーピマコットンオーバーサイズオープンカラーシャツ(半袖)(3990円)
スーピマコットンオーバーサイズオープンカラーシャツ(半袖)(3990円)

編集A:今度は純粋なオープンカラーシャツ。袖が少し長いデザインですね。

編集B:これもボックスシルエットで、後ろの丈も少し長めにとってありますね。今回はグログランテープではなく、ヘリンボンテープが使われていますね。

編集A:グログランテープはどちらかと言うと飾りとして使うことが多い印象です。

編集B:ボタンの強度を高めるために、芯地を入れるような感覚なんじゃないかな。デザインの一部に上手く落とし込んでますよね。

編集A:前と後ろで袖のデザインが違いますね。後ろはラグランスリーブになっていて、後ろ姿が包むようなシルエットで綺麗です。

編集B:肩の落ち方も綺麗。ラグランだと可動域も広くなりますよね。

4.リラックスフィットポロシャツ(半袖)/スーピマコットンリラックスフィットクルーT(半袖)

(左から)リラックスフィットポロシャツ(2990円)、スーピマコットンリラックスフィットクルーT(1500円)※価格はいずれも税込
(左から)リラックスフィットポロシャツ(2990円)、スーピマコットンリラックスフィットクルーT(1500円)※価格はいずれも税込

編集A:ユニクロ ユーで作っているポロシャツとの違いはなんだろう?ちょっと広めなんですかね。シルク混で、素材はドライな肌触りです。

編集B:長さだけではなく、身頃の大きさも若干大きいです。ポロシャツって若干おじさん感が出てしまいがちですが、このアイテムは綺麗めに着ることができそう。

編集A:前立てが比翼仕立てなのでクリーンな印象です。前身頃よりも後ろ身頃の大きさを少し大きめにしていますね。

編集B:Tシャツはスーピマコットンを使用。Tシャツのパターンも前身頃と後ろ身頃で大きさが違いますね。大きめのシルエットで作られていますが、実際着てみるとあまり大きさを感じさせないですね。

編集A:色味はホワイト、グレー、ダークグレー、ブラック、ピンク、オリーブ、ネイビーの7色と豊富なカラー展開です。ピンクは現物を見るとラベンダーに近い色味で、意外といけるかも。

編集B:同じ素材でグラフィックTも3種類作ってますね。

編集A:これは謎アイテムですね(笑)。

メンズ トップス、1点だけ買うならコレ!

編集A:メンズのトップス編のレビューはこれで以上ですが、全体的に前身頃と後ろ身頃で長さやサイズ感の変化をつけたデザインが多い印象的でしたね。

編集B:トップスは、やはりTシャツ感覚で着られるクルーネックセーターがどう考えてもベストですね。シャツ類も豊富で良かったんですが、ジャケットとして着るべきなのかシャツとして評価するべきなのかに迷っちゃいました。なので、トップスはクルーネックセーターで決めときます。

関連記事
ユニクロ「+J」春夏はデニムをマストでチェック、実物を見て6つのキーワード紹介

■ユニクロ「+J」:公式サイト

ユニクロ「+J」徹底レビュー 記事一覧
メンズ アウター編
メンズ ボトムス編
ウィメンズ アウター編
ウィメンズ トップス編
ウィメンズ ワンピース・ボトムス編

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング