ADVERTISING

プラダ、ロエベからメンズの新潮流を考察

左)プラダ2025年春夏、右)ロエベ2025年春夏

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight /LOEWE

左)プラダ2025年春夏、右)ロエベ2025年春夏

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight /LOEWE

プラダ、ロエベからメンズの新潮流を考察

左)プラダ2025年春夏、右)ロエベ2025年春夏

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight /LOEWE

 2010年代後半から現在に至るまで、ファッションデザインの世界では「ヴェトモン(VETEMENTS)」、そして「バレンシアガ(BALENCIAGA)」とデムナ(Demna)が時代の寵児として君臨。同氏が作る肩を起点としたビッグシルエットがトレンドとなったが、先見性の高いデザイナーたちの手によってメンズの2025年春夏シーズンはパラダイムシフトが起きそうだ。肩から腰へ。ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)と、ラフ・シモンズ(Raf Simons)による「プラダ(PRADA)」とジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手掛ける「ロエベ(LOEWE)」の腰を起点にしたデザインアプローチは、メンズファッションのシルエットにおける新潮流を生み出すかもしれない。

 プラダ、特にラフ・シモンズは本当にいつも早い。ダッドスニーカーと言えば、こちらもデムナのバレンシアガというイメージを持つ人が多いと思うが、2013年にアディダスとのコラボコレクション「アディダス バイ ラフシモンズ(Adidas By Raf Simons)」で「OZWEEGO」というシューズを発表しており、実はこれがダッドスニーカーブームの発端とされている。ラフ・シモンズの提案は時代の三歩先を行っている場合が多く、市場に浸透するまで数年の経過が必要となるケースがしばしばだが、今は売上高が伸長し続け絶好調のプラダ(2023年12月期売上高が前期比7.3%増の34億8800万ユーロ)に籍を置き、ミウッチャという強力な後ろ盾もある。ならば、ラフのアイデアが市場を動かすまでの時間も短くなるのではないだろうか。

ADVERTISING

 6月にミラノで発表された2025年春夏メンズコレクション「CLOSER」は、真実を疑い、再考し、物事をより近くで見ることを提案したというコレクションで、キッズサイズのようにタイトなニット、ベルナール・ビュフェの絵画がプリントされたTシャツなどが登場。その中でも、コレクションの軸として提案されたのが腰で履いたパンツとベルトのコンビネーションだ。2000年代にエディ・スリマン(Hedi Slimane)が手掛ける「ディオール オム(DIOR HOMME)」により爆発的ヒットとなったスキニーローライズパンツとは異なり股上は深く、裾は余らせてはいるがルーズさはそれほど感じさせない。ウエストバンドの下にベルトがプリントされたスラックスはタックインまたはショート丈のトップスを着ることを強制させるディテールで、トップスとベルトの間にできるスペースはメンズファッションではそう見ることがないデザインだ。同じくミウッチャがスタイリストのロッタ・ヴォルコヴァ(Lotta Volkova)と組んで提案した「ミュウミュウ(MIU MIU)」のアンダーウェアをチラ見せするスカートとのレイヤードスタイルに通ずるものがある。ウエストに着目したデザインをメンズで提案するなら、ミウッチャとラフが出した答えはベルト位置を下げトップスの丈を短くし、更にレイヤードさせることだった。

PRADA 2025年春夏メンズコレクション

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

Image by ©Launchmetrics Spotlight

PRADA 2025年春夏

全ルックを見る

PRADA -Men's- 2025SS Collection

2025 SPRING SUMMERファッションショー

 ジョナサン・アンダーソンもまた、「ファッションはシルエットへ」と声明を出すほどプロポーションを刷新することに目を向け、実践する稀代なデザイナーの一人。ハイウエストで作るIラインを提案したりと、毎シーズン新しいフォルムを生み出そうとしている。ロエベの2025年春夏メンズコレクションでは「A Radical act of Restraint(ラディカルな節度)」をキーワードに、様々なバリエーションを用意する中で、ウエストにスポットを当てたルックを発表。ファッションのコンテクストを読むことができる天才だからこその到達点か、プラダと同じ方向性のアイデアとして、ベルトバンドがへそ下にくる腰履きでベルトを2本スタイリングしたコーデを提案した。2本のベルトはトップスとパンツそれぞれに縫い付けられており、これまたウエストを露出するデザインに仕上げられている。

LOEWE 2025年春夏メンズコレクション

LOEWE 2025年春夏メンズコレクション

Image by LOEWE

LOEWE 2025年春夏メンズコレクション

Image by LOEWE

LOEWE 2025年春夏メンズコレクション

Image by LOEWE

LOEWE 2025年春夏メンズコレクション

Image by LOEWE

LOEWE 2025年春夏メンズ

全ルックを見る

LOEWE -Men's- 2025SS Collection

2025 SPRING SUMMERファッションショー

 「服は肩で着る」というのが通例ではあるが、ビッグシルエットという一大トレンドの次を模索する中で、同じシーズンに発表された腰に視線を誘導させるメンズ服のデザインは、オーバーサイズとは対極のタイトなトップスをどう現代的に見せるかの解として成立するアイデアである。"ピチTシャツ"とフレアパンツのメンズコーデが流行る東京のストリートで、プラダ、ロエベの提案する腰にアレンジを加えた「Iライン」シルエットは、メンズの新潮流として定着する可能性は高そうだ。

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

ロジスティックオペレーション スタッフ(雇用形態不問)

FOO TOKYO

ロジスティックオペレーション スタッフ(雇用形態不問)

時給

1300円 〜

詳細を見る

ジャーナル

「ChatGPT」を活用して転職活動をさらに効率化しよう! AI姉さんに聞く、生成AI活用術 ...

「ChatGPT」を活用して転職活動をさらに効率化しよう! AI姉さんに聞く、生成AI活用術 ...

記事を読む

求人

オーダーブック・スペシャリスト(受注管理)

On

オーダーブック・スペシャリスト(受注管理)

詳細を見る

ジャーナル

人生を存分に楽しむためのキャリアデザイン。充実のウラにあるのは、飽くなき探求心と趣味への熱量

人生を存分に楽しむためのキャリアデザイン。充実のウラにあるのは、飽くなき探求心と趣味への熱量

記事を読む

ジャーナル

【7月23日(火)】GUCCI主催!ラグジュアリー業界マネジメントスキル向上セミナーのお知らせ

【7月23日(火)】GUCCI主催!ラグジュアリー業界マネジメントスキル向上セミナーのお知らせ

記事を読む

ジャーナル

外資系ラグジュアリーブランドのMD職の仕事とは?求められるスキル&マインドについても解説

外資系ラグジュアリーブランドのMD職の仕事とは?求められるスキル&マインドについても解説

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

”水辺の宿場町”をデザインコンセプトとするアートホテル「東京ベイ潮見...

東京ベイ潮見プリンスホテル ”水辺の宿場町”をデザインコンセプトとするアートホテル「東京ベイ潮見...

詳細を見る

コラボ

自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

Liberato 自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

詳細を見る

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

Powered by

左)プラダ2025年春夏、右)ロエベ2025年春夏

IMAGE by: ©Launchmetrics Spotlight /LOEWE

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント