Lifestyleニイハオ、ザイチェン

地獄の上海でなぜ悪い|コラム連載 - ニイハオ、ザイチェン vol.16

上海滞在生活の日々を綴るコラム連載「ニイハオ、ザイチェン」。東コレデザイナー、海外での企画生産を経てアパレルメーカーのアジア展開を担当する佐藤秀昭氏の視点から中国でいま起こっていることを週1回更新でお届けする。第16回は帰国前に上海で出会った友人たちと開催したシルクスクリーンのTシャツのワークショップをレポート。筆者がイベントを通して伝えたかったこととは?

(文・佐藤秀昭)

— ADの後に記事が続きます —

 いつもは大勢の観光客で溢れかえる上海随一の観光地である外灘(ワイタン)の遊歩道は、新型コロナウイルスの影響で優勝が決まった後の消化試合のスタンドのように閑散として遮るものが何もなく、皮肉にも水平線の遠くまでを優雅に見渡せた。琥珀色の空の下で黄砂に吹かれた僕の上海の旅のフィナーレはもう眼の前だった。

 エンダースキーマの飴色のヌメ革の手帖を開けば上海で刻まれる日々はもうわずかとなり、帰国後の日本でのスケジュールが少しずつ埋まり始めていた。残された数日間では完全なる上海の日常を再び味わえないことはすでに分かっていたが、対岸の大きな玉ねぎみたいなテレビ塔を見ながら、自分がこの街でやり残したことはないかと改めて考えた。

外灘の街
外灘の街

 いまだに幾多の制限はあり、自由と呼ぶには程遠いが、形式的にはロックダウンは幕を下ろし、あがいた日々も終わり、隔離からの卒業を果たした。今は72時間以内のPCR検査の陰性証明があれば街に出て人に会うことができる。この街にいた証として、最後にお世話になった人たちに“谢谢(ありがとう)”と“再见(さようなら)”を伝えること、そしてファッションの素晴らしさを少しでも伝えること。それが、僕がやり残したことだと思った。

 その夜、僕は上海で出会った友人たちに相談をした。メンバーは中国版「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の元クリエイティブディレクターであり、現在は日中のボーダーレスで越境ECやコンテンツ共有を行う新会社を経営するBunnyさん。そして彼が中国のマーケットを体感するために老房子(ラオファンズ)にオープンした古着屋「ザ・ストーリズストア(THE STORIESTORE)」で働くZ世代のスタッフ、シズカさん。上海に事務所を構える日本企業で環境素材を開発する傍ら、日中文化交流と猫保護のための会社を経営しており怪我した猫の“キラ”を僕に預けてくれた美弥さん日本や中国のブランドのプロデュースに携わり、両国の架け橋の役割を果たしている元TOKYOBASEの西山和希さん

(左上から時計回りで)Bunnyさん、シズカさん、美弥さん、西山さん

 彼らと相談を重ね、Bunnyさんが築いた城であるザ・ストーリズストアで、西山さんを中心に来場者自身がシルクスクリーンを用いてその場でプリントTシャツを作れるワークショップを行うこととした。

 退勤後に気の抜けたペプシコーラを飲み、ミシンで織りネームを縫い付け、西山さんやシズカさんにシルクスクリーンのレシピを順番に説明し実践していると、20年以上前に大学近くの下宿でザ・ブルーハーツをBGMにビールを飲みながら友人と徹夜でTシャツを何枚も刷ったことを思い出した。

筆者が20世紀の終わりごろにシルクスクリーンで作っていたTシャツ
筆者が20世紀の終わりごろにシルクスクリーンで作っていたTシャツ

 イベントの名は「ニイハオ、ザイチェン」。上海での記憶を毎週記録してきた、このコラムと同じ名前にした。

◇ ◇ ◇

 そして、イベント当日。
 新型コロナウイルスの新規感染者の再増加によるエリア限定でのロックダウンの危惧や、前日に急遽決まった上海の全市民3000万人に対してのPCR検査実施などはあったものの、さほど大きな問題はなく、無事にイベントの開催にこぎつけることができた。

 国籍や業界、キャリアなど関係なく、上海で出会った多くの友人やインフルエンサー、中国のSNSでイベントのことを見た上海人たちがイベントに足を運んでくれた。その中には中国で事業展開をしている他の日系アパレルメーカーやメディアの方々や、「ショールーム キャッツ(Showroom CATS)」の兒玉キミトさん60歳のインフルエンサーのマージェ(马姐)さん、中国版Youtubeのビリビリ動画のVtuberの姿もあった。そして中国の芸能界で活躍する羽生田挙武さんも別の日にTシャツを刷りに来てくれた。

 イベントを訪れたお客さんの多くは初めてシルクスクリーンを触れ、Tシャツが作られるその過程を物珍しそうに写真や動画に収めていた。僕は彼らにたくさんの最後の“谢谢”と“再见”を伝えた。記念写真に映る人たちはみんな優しい目をしていた。僕はファッションを通じて上海の人々に楽しさや感動、豊かさを少しだけでも伝えられたかなと思った。

 このイベントのささやかな売上は、美弥さんから預かっていたキラと、ロックダウン中にサービスアパートメントの友人と一緒に保護をした“からあげクン”の2匹の猫のワクチンと餌へと変わった。

(左から)キラ、からあげクン

◇ ◇ ◇

 そして、旅立ちの日。
 上海でのこの9ヶ月間、中国のゼロコロナ政策にまつわるエトセトラでうち3ヶ月は隔離を余儀なくされた。閉ざされた窓の外の憧れを眺めて希望に似た花に手を伸ばそうとした日や、明けない夜が心をそろそろ蝕みそうな日もあった。これは決して“いい経験”という言葉で片付けてはいけないし、多くの人はこれを“地獄”と呼ぶかもしれない。

 それでも今振り返れば、日本と中国の仲間たちと同じ目標に向かって日々仕事をし、喜怒哀楽をともにし、週末には書を捨てて街に出て、足を踏み入れたことがない色々な場所を訪れ、日本では会えないような色々な刺激的な人々と出会えた。そして小さな生命に責任を持ちそのバトンを引き継ぐこともできた。

ただ地獄を進むものが 悲しい記憶に勝つ
動けない場所からいつか 明日を掴んで立つ

キラが旅立った後のがらんとした部屋の中、僕はそう口ずさんで空港へ先を急いだ。

星野源「地獄でなぜ悪い」

次回(最終回)は7月4日(月)公開予定です。

佐藤 秀昭(Hideaki Sato)

群馬県桐生市出身。早稲田大学第一文学部卒業。在学中に、友人とブランド「トウキョウリッパー(TOKYO RIPPER)」を設立し、卒業と同年に東京コレクションにデビュー。ブランド休止後、下町のOEMメーカー、雇われ社長、繊維商社のM&A部門を経て、現在はレディースアパレルメーカーの海外事業本部に勤務。主に中国、アジアでの自社ブランド展開に従事。家族と猫を日本に残し、2021年9月からしばらくの間、上海長期出張中。

手づくりシルクスクリーン (みみずくアートシリーズ)
著: 早坂 優子
メーカー: 視覚デザイン研究所
価格: ¥2,300(2022/06/25現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング